WARP / WARPLab Wiki

Subversion Repository

WARPで公開さされているモデルを扱うために必要である、サブバージョン管理ソフトの導入方法を記載する。詳細はSubversion Repositoryを参照されたい。

WARPで公開されているEDK用のモデルを扱うため、サブバージョン管理ソフトをダウンロードする必要がある。WARPではサブバージョン管理システムとして、TortoiseSVNを利用している。具体的なモデルとしては、OFDMモデル、MAC層、WARPLabのツールボックスなどを利用することができる。

サブバージョン管理ソフトの導入方法

  1. TortoiseSVNからサブバージョン管理ソフトをダウンロードする。
  2. C:\WARP_Repositoryフォルダを作成する。

    # 任意の場所に作成してもよいがスペースを含まないこと。

  3. WARP_Repositoryフォルダを右クリックして、"SVN Checkout"をクリックする。
  4. [http://warpproject.org/svn/WARP]を入力してエンターを押す。
    SVC_Checkout.png
  5. 数分後、ファイルが転送される。

    # edk_user_repositoryはWARP_Repositoryフォルダに格納される。

edk_user_repository for Xilinx XPS

edk_user_repositoryフォルダのように常に使うフォルダをXilinx EDKを起動するたびに"Global Peripheral Repository"に追加するのは面倒である。そこで一度設定をすればEDKを呼び出すたびに自動的に追加される設定方法を記載する。

  1. スタート > すべてのプログラム > Xilinx ISE Design Suite version > EDK > Xilinx Platform Studioを呼び出す。
  2. Edit > Preferences > Application > Global Peripheral Repository Search PathにC:\WARP_Repository\edk_user_repositoryを追加する。
  3. XPS、SDKを起動すれば自動的に追加される。

添付ファイル: fileSVC_Checkout.png 759件 [詳細]

  添付編集
Last-modified: 2014-07-24 (木) 00:27:19 (1859d)