CC2420のACKに関して

  • abc_sendでは当たり前ながらACKは返らない
  • unicast_sendを使うとACKは返る
  • 返っているACKはハードウェアACKの模様
  • RDCレイヤがcontikimacであればTelosBの時は自動的にACKが返った
  • RDCレイヤがnullrdcの時はACKは自動ではないのでMakefileに「DEFINES = NETSTACK_CONF_RDC=nullrdc_driver,NULLRDC_CONF_802154_AUTOACK_HW=1」としなければ有効にならなかった。
  • TelosB (sky)のキャリアセンスはCC2420がやってくれる模様。つまり、MACがcsma、RDCがnullrdcを選択するとcsmaに自動的になる。csma.cでは再送制御とバックオフを実施している。RDC特に何もやっていない。cc2420.cの中でキャリアセンスやACKなどいろいろとやっている。
  • AUTOACKはACKは自動で返すけど結局RDCでACKが返ってきたかどうかをチェックする必要がある。

用語集

slip
Serial Line IP。COMポート経由でIPを送るやつ。WITH_IPV4かWITH_IPV6する必要がある。
memb
Contikiで柔軟にメモリを使うための仕組み。
coffee
ファイルシステム?
protothread
contiki特有のスレッド
qbuf
rime
contikiの通信スタック。
neighbor queue
rimeではノード毎にキューを管理している。フェアネス用?
default timebase
CSMAでバックオフするときに基準となる値。1バックオフ時間に相当。

  添付編集
Last-modified: 2016-03-04 (金) 20:30:50 (477d)