sdlabo.org

RawOFDMのUSRP-N200への対応

RawOFDMのインストール

RawOFDMは、GNU RadioとUSRP-N200を用いてOFDM等の物理層を動作させることが出来ます。
How to build and run RawOFDM?

  1. まずは以下のRawOFDMのファイル群をダウンロードしてください。

    # USRP-N200、GNU Radio3.6.0で動作させるために少し変更を加えています。

  2. 次に、以下のコマンドを実行してください。
     tar zxvf rawofdm.tar.gz
     cd rawofdm
     ./configure
    
  3. 次に、以下のMakefile内の
    "LIBS = -L/usr/local/lib -lgnuradio-core"

    "LIBS = -L/usr/local/lib -lgnuradio-core -lgnuradio-digital"
    に変更してください。
     [install_path]/rawofdm/Makefile
     [install_path]/rawofdm/config/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/lib/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/lib/ofdm/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/lib/qam/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/lib/rscode/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/lib/spiral/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/lib/util/Makefile
     [install_path]/rawofdm/src/python/Makefile
    
  4. 最後に、以下のコマンドを実行してください。
     make
     sudo make install
    

RawOFDMのExampleプログラム

  • 送信側
     python ofdm_tx.py -f [freq] -g [gain] --bandwidth [bandwidth] --amp [amplitude]
    
  • 受信側
     python ofdm_rx.py -f [freq] -g [gain] --bandwidth [bandwidth] --rxdata .
     # 細かなオプションはpython ofdm_rx.py --helpを実行してください。
    
    # 以下のサイトを参考にしました。
    # https://github.com/yichao0319/effective_snr/blob/master/README
    # 構成はubuntu12.04/uhd003.005.001/gnuradio3.6.0/gr-howto-write-a-block-3.3.0です。

添付ファイル: filerawofdm.tar.gz 363件 [詳細]

  添付編集
Last-modified: 2014-12-10 (水) 23:19:50 (927d)