ns-3のアニメーションツール

ns-3でアニメーションを表示するためには「netanim」と呼ばれるツールを利用します。

netanimとns-3のバージョン

NetAnim_3.104

  • [NetAnim_3.104]←のページから導入できます
  • ns-3.14~ns-3.19で利用可能

NetAnim_3.105

  • [NetAnim_3.105]←のページから導入できます
  • ns-3.20~から利用可能

windowsで利用する場合の注意点

シミュレーション実行時に「TypeId::LookupByName: ns3::WimaxN etDevice not found」が発生して、「アニメーションファイル名.xml」が生成できなかった場合

  • src/netanim/model/animation-interface.ccの下記をコメントアウト
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::WimaxNetDevice/Tx",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::WimaxTxTrace, this));
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::WimaxNetDevice/Rx",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::WimaxRxTrace, this));
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::CsmaNetDevice/PhyTxBegin",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::CsmaPhyTxBeginTrace, this));
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::CsmaNetDevice/PhyTxEnd",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::CsmaPhyTxEndTrace, this));
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::CsmaNetDevice/PhyRxEnd",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::CsmaPhyRxEndTrace, this));
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::CsmaNetDevice/MacRx",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::CsmaMacRxTrace, this));
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::UanNetDevice/Phy/PhyTxBegin",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::UanPhyGenTxTrace, this));
       // Config::Connect ("/NodeList/*/DeviceList/*/$ns3::UanNetDevice/Phy/PhyRxBegin",
       //                  MakeCallback (&AnimationInterface::UanPhyGenRxTrace, this));
    

Windows用のNetAnim

QtCreatorを使ってコンパイルできます。いくつか方法はあるかと思いますが、僕は

  1. http://download.qt.io/archive/qtcreator/2.4/ からqt-creator-win-opensource-2.4.1.exeをダウンロードしてインストール。
  2. http://download.qt.io/archive/qt/4.8/4.8.2/ からqt-win-opensource-4.8.2-mingw.exeをダウンロードしてインストール。インストール時にはQtCreatorのmingwを指定します。
  3. qt\4.8.2\binにパスを通す。

でコンパイルできました。

が、いろいろ面倒くさいと思いますのでfileNetAnim 3.105のコンパイル済みのバイナリファイルを置いておきます。 Qt4のdllを使っているので、上記のqt 4.8.2のインストールとパスを通すのは必要です。

fileNetAnim 3.105 for windows compiled binary file


添付ファイル: filenetanim_3.105.zip 470件 [詳細]

  添付編集
Last-modified: 2015-01-07 (水) 00:13:49 (956d)