ISE Design Suite チュートリアル

Introduction to the Xilinx platform Studio (XPS)のチュートリアルについて手順を載せる. このチュートリアルでは,LSFR(Linear Feedback Shift Register)を用いた擬似乱数生成器を実装する.擬似乱数器はすでに設計済みのものが提供されており,XPSを用いてFPGA上に実装する.

XPS

必要なもの

  • WARPv3ボード
  • 静電気対策(リストバンド等)
  • 外付けのUSB JTAGケーブルとマイクロUSBケーブル
  • ISE System Edition
  • PuTTY等のターミナルエミュレータ
  • SDKのチュートリアルを終わらせていること

入力

  • User I/O Pushbutton Port:WARPについているプッシュボタン
  • Capture Period Register:MicroBlaze・・・LSFR(Linear Feedback Shift Register)を制御する.

出力

  • Left/Right Hex Display Ports:User I/Oについている16進数表記のディスプレイ
  • Red/Green LED Ports:User I/Oについている赤と緑のLED
  • Captured output Register: 現在のLFSRの値を読める.

手順

  1. WARP v3 Template Projectをダウンロードして解凍する.

    # パスの間にスペースをいれない.

  2. pcoreをダウンロードして先ほどダウンロードしたプロジェクトフォルダ\pcoresの直下に解凍する.
  3. XPSを起動 > スタートメニュー > "Open project"をクリック > ダウンロードしたフォルダ内にあるsystem.xpsを選択 > "open"をクリック

    # 初めてXPSを開く場合またはWARPリポジトリの設定をしていない場合は,設定をする.詳しくはSubversion Repositoryを参照されたい.

  4. 新しくpcoreとシステムをつなぐため,system.mhsを変更するため,"Project"タブ > "Project Files"の中にあるsystem.mhsをダブルクリック.
    XPS_1.png
  5. 以下のコードをsysytem.mhsの末尾に書き込む.
    BEGIN prng_useriosrc_plbw
     PARAMETER INSTANCE = prng_useriosrc_plbw_0
     PARAMETER HW_VER = 1.02.a
     PARAMETER C_BASEADDR = 0xc4000000
     PARAMETER C_HIGHADDR = 0xc400ffff
     BUS_INTERFACE SPLB = plb_secondary_80MHz
     PORT sysgen_clk = clk_80MHz
     PORT hexdisp_left = LeftHexDisplay
     PORT hexdisp_right = RightHexDisplay
     PORT leds_green = GreenLEDs
     PORT leds_red = RedLEDs
     PORT pause = UpPushbutton
    END
  6. 以下のコードを"BEGIN w3_userio."の"END"の前の行に書き込む
    PORT usr_hexdisp_left = LeftHexDisplay
    PORT usr_hexdisp_right = RightHexDisplay
    PORT usr_leds_green = GreenLEDs
    PORT usr_leds_red = RedLEDs
    PORT usr_pb_u = UpPushbutton
  7. System Assembly Viewタブを開き,"Bus Interfaces"サブタブを見る.

添付ファイル: fileXPS_1.png 611件 [詳細]

  添付編集
Last-modified: 2014-07-24 (木) 00:27:19 (1427d)